要介護の方に

   そして、介護を頑張られている方に

 

                ~素敵なアロマテラピー



認知症であったり、お身体が不自由になり、思うように日常生活を送ることができなくなってしまったりすると、お身体がお辛いことはもちろん、心もとてもお辛いものですね。

それは、周りで支えている方にも言えること。

介護が必要な方にも、支えているご家族にも、また、介護が必要な方をサポートするお仕事をなさっている方にも、心身の癒される時間はとても大切で必要なものです。

 

疲れた時、苦しい時、辛い時

そんな時、アロマがあなたが元気になることをお手伝いしてくれるかもしれません。

嗅覚は、他の感覚と違い、言語・判断・感情などの理性をつかさどる大脳新皮質を介することなく、直接、扁桃体(快・不快・恐怖などの情動に関わる)や、海馬(古い記憶に関わる)がある大脳辺縁系に伝わります。

そのため、自律神経を整えたり、気持ちが落ち着いたり、心が元気になったり、リラックスしたり、また、記憶をよみがえらせたり、悲しみに耐えられるようになったりという、心理的作用を期待することができます。

昔から、「手当て」と言いますが、

手を当ててもらうこと=タッチングによって、心がふわりと軽くなったり、お身体の痛みが和らいだりした経験はありませんか?

温かな優しい手で直接お肌に触れることで、安心したり、癒されたり、脳への刺激にも繋がります。

最近、認知症にアロマが良いと言われますが、このタッチングによる心地良さも、素敵な作用をもたらしてくれます。

 

アロマテラピーは、精油の作用とタッチングの効果により、介護が必要な方や、介護をなさっている方のストレス症状の緩和や、心身のバランスを整えるのに、大きな助けとなってくれます。



~介護の現場より~

 

介護が必要な方の心身のお辛さはもちろんですが、支えるご家族の方から、「自分が疲れてくると、優しく対応することができなくなって、イライラしてしまったり、乱暴に介護をしてしまって、後で自己嫌悪になってしまうんです。」とのお声を聴くことがよくあります。

 

介護が必要な方も、支える方も、生身の人間です。

 

そして、お互いに今を一生懸命生きているからこそ、思い通りにならないことや、先が見えないことへのストレスや不安を感じるのです。

 イライラしてしまうことも、当たり前の感情。

頑張りすぎてしまっているのかもしれませんね。

 

頑張りすぎてココロもカラダも疲れてしまっていては、気持ちの良い介護生活を送ることはできません。

お互いの為に、心身のケアをすることが必要ですね。

 

そんな時は、アロマの力を借りることも一つの方法です。

 


                                   By Cocoro

                            アロマテラピー&訪問アロマケア専門♡